相続・贈与

ホーム > 相続・贈与

相続・贈与

相続とは、亡くなった方(被相続人)の財産の地位・権利・義務を家族など(相続人)が受け継ぐことを言います。
税務では、相続=相続税が発生します。しかし、税金だけではなく相続時に、家族で財産分与をめぐり争いが発生する場合があります。 大事な家族を守る意味でも相続の事前準備は必要です。
相続税は、被相続人の死亡時の財産評価で決定するため、生前からしっかりした計画を立てることが必要です。

相続の節税対策は、生前から長期的・計画的に

まず、現在の全財産を評価することから始まります。
なかでも、固定資産(土地等)に関しては、すぐに現金化することができません。
これら固定資産は優遇措置もあり、事前に贈与するなどの対策を立てることが出来ます。
実際に相続したが、相続税が払えず資産を売却して払うことにならないためにも、
事前対策(生前贈与)をお勧めします。

配偶者控除を利用した事前対策
住宅取得資金を利用した事前対策
相続時精算課税を利用した事前対策
贈与税基礎控除を利用した事前対策

イラストor写真
相続は税理士、弁護士、司法書士など専門知識が必要

相続に関しては、税理士だけでは、上手な対策が出来ません。
弊社では、弁護士・司法書士をはじめ、相続に必要な専門家をご紹介しながら相続対策を練っていきます。

税務のススメ 労務のススメ 経営計画のススメ 税務の申告・ご相談は北濱英治税理士事務所